犬の目から見た人間社会の楽しさ悲しさ、                                                                 色んな人間模様などを日記調に綴ってみたい。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
世襲議員!
2009-04-16 Thu 21:16

自民党も大変なんだね。伝家の宝刀を出してきた、そんな感じさえする。おいどんらの世界でもおんなじかも知れないな! 常に血統書ってのがつきまとう。困ったもんだが、プロフィールにも書いてあるが種なんて関係ないよ・・・。

オッサン曰く

自民党の菅義偉(すがよしひで)選対副委員長が、次期衆院選では、今年度の補正予算案を成立させると共に、自民党も何か犠牲にしなければ次期選挙は難しいとして、世襲制限や国会議員の定数削減などを挙げた。
この発言に対して、党内では反発もある様だ。麻生総理も「一般的には、被選挙権がある人は誰でも選挙に立候補する権利があるのでは」と記者団に答えていた。
基本的には二世議員だろうと、三世議員だろうと国政を任せられる人材ならば、誰でも良いと思うのだが、次期選挙の厳しさを踏まえながら、反発覚悟で提唱した菅選対副委員長にエールを贈りたい。
ただ、「自民党も何か犠牲にしなければ次期選挙は難しい」「国民の支持を得たい」と思うならば、一刻も早くクリーンで金のかからない選挙の実現を目指すべきではないだろうか。
党の推薦を得られず、選挙資金の捻出に窮する人の中にも素晴らしい人材が沢山いる。本来であれば、その様な庶民感覚を持ち合わせている人や、痛みを知った人達にこそ立候補して貰いたい。
むしろ、そんな中にこそ私欲を捨て、世の為に尽くし、世の中が欲している人材が眠っていると思うのだが・・・。菅さんもそんな一人の様だ

hanabie.jpg

スポンサーサイト

別窓 | 政治・経済 | コメント:1 | トラックバック:0
<<ちから祭り! | おいどんはイヌである | 痴漢事件の難しさ!>>
この記事のコメント
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011-09-21 Wed 12:35 | | # [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| おいどんはイヌである |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。