犬の目から見た人間社会の楽しさ悲しさ、                                                                 色んな人間模様などを日記調に綴ってみたい。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
マスターズ終わる!
2009-04-13 Mon 21:12

「イヤー、ゴルフやりたいな~」と、何時もオッサン(飼主)がこぼしている。そんなに面白いのかね~~おいどんは、あんな硬いボールなんかよりも、グニョグニョのスマートボールの方が好きだがね・・・

オッサン曰く

今年のマスターズも終わり、新進気鋭の石川遼君がどこまでやれるか楽しみにしていた。予選通過はならなかったものの、あそこまで行けば御の字。
一方、流石片山選手である。初日好スタートを切り、上がってみれば単独4位と嘗て伊沢選手が4位に入賞したが、同順位となった。
私も以前はゴルフに嵌った時期がある。毎年、このマスターズが楽しみで、ついつい寝不足気味で出勤していたものだった。その当時はマスターズが終わると、私のゴルフシーズンの始まりだった。
私がゴルフを始めたきっかけは、バブル最盛期の、やはり接待、お付き合いだった。
当初、「ゴルフはスポーツにあらず」「年くってから始めるものだ」と豪語していたのだが、仕事先で話題になるのはゴルフの話し。止む無く、会社の同僚達と「しょうがねーからやるか」という事になり、一緒にコースデビューとなった。
「ゴルフなんて」と高を括って舐めてかかっていた。ましてや、一緒に始めた同僚達に負ける筈が無いと自信満々でコースに向かった。それまで練習場に行ったのは一度きりだった。
今でもあの時の悔しさは忘れられない。上がってみれば168打の最下位、168打と言っても、ペナルティーやらOBやら、ろくに数え方も分からなかったので、もっと打ってたかも知れない?
その後、悔しくて毎晩の様に練習場に直行した。結局、その年の冬、寒さにもめげず練習した甲斐あってか、コース3度目には90を切る事ができた。その後ゴルフに嵌り、ベストスコアは34+38のパープレーを出すまでになったのだが、今では、ここ3年ばかりゴルフクラブを触ってもいない。
理由は、学生時代に左膝の内側靭帯を損傷していた為、悪化した、と皆には話しているが、勿論それもあるが、何と言っても資金繰りが大変、と言うのが本音である。
嘗てのゴルフ仲間には、「膝の調子が良くなったら必ず復活するぞ」と話しているが、果たして景気回復は何時になることやら・・・。

<お詫び>
前回のブログで、行者にんにくが盗まれた。と言及しましたが、「枯れたのでは」との、親切な方のご指摘があり、調べてみましたらば、その通りである事が判明しました。一時でも、疑いをかけた事に深く反省し、正しい知識の習得に努めたいと思います。


間違えは誰にだってあるさ? しょげんなよオッサン!!


ougasuta.jpg

スポンサーサイト

別窓 | スポーツ | コメント:0 | トラックバック:0
<<痴漢事件の難しさ! | おいどんはイヌである | 盗まれた行者にんにく!>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| おいどんはイヌである |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。