犬の目から見た人間社会の楽しさ悲しさ、                                                                 色んな人間模様などを日記調に綴ってみたい。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
プロとアマの違い!
2009-03-21 Sat 15:45

おいどんらの世界じゃプロもアマもない。ソフトバンクのCMに出てるオヤジもプロの様でプロじゃない。何故なら、お金貰ってないからだ。もっとも飼主はいっぱい貰ってるのかな・・・

オッサン曰く

ワールド・ベースボール・クラッシック(WBC)が大詰めを迎えている。我が日本もアジア予選を勝ち抜いて、アメリカのカリフォルニアに戦いの場を移し、宿敵韓国を下して、準決勝に駒を進める事となった。
ベスト4に勝ち進んだチームは、日本を始めベネズエラ、ご当地アメリカ合衆国、そして宿敵韓国の4強が世界一の座を勝ち取る為に熾烈な戦いに挑む。
前回行われた第1回目の覇者は我が国日本。果たして今年はどうなる事か、大いに期待したいところだ。
当初優勝候補と目されていた164kmの剛速球投手アルベルティン・チャップマン率いるキューバが、予選で敗退してしまったのだが、日本を始め殆どのチームはプロ選手を揃えているのに対して、キューバだけは全員アマチュア(ノンプロ)である。
アマチュア軍団にしては、もの凄く強いチームだが、プロとアマでは背負っているものも違う。プロが勝って当然と思えるのだが、そんな中でアマチュアのチームが勝つとなると値千金である。
今回のWBC以外の世界的規模の大会に、オリンピックがある。嘗てはアマチュアの為の大会として、プロ選手の参加を認めなかった訳だが、最近のオリンピックを見ると、これもまたプロ選手がメインになってきている。
勝負は時の運と言いながらも、勝って当然と言えば当然である。そんな中、アマチュアが活躍する場が減ってきている事に疑問を感じざるを得ない。
スポーツの楽しみ方を大きく分けると2通りある。その1つ目は、楽しみを優先した遊び感覚のスポーツ感と、2つ目は競技性を追及するスポーツ感がある。プロは後者の延長にあるのだが、技量や体力はプロ選手が圧倒的に上である。
勿論、競技性を求めているアマチュア選手にもプロを凌ぐ程の選手は沢山いる筈、キューバの選手はその良い例だが、そのアマチュアの活躍する場が減ってきているのが問題である。
「それじゃプロになればいいじゃないか」と言われそうだが、現実はそう簡単ではない。前での、遊び感覚でスポーツを楽しんでいる方達は、それなりの価値観を持って楽しめば良しとして、競技志向の選手が活躍する場、特に世界的規模の大会があってもいいんじゃないだろうか。
本来ならオリンピックはそんな場ではなかったのではないだろうか。再び、アマチュアの為のアマチュアの祭典であるオリンピックを、是非復活してもらいたいものである。・・・

おいどんも、稼いでオッサン(飼主)を楽させたいな~~

gorin.jpg

スポンサーサイト

別窓 | 言いたい事 | コメント:0 | トラックバック:0
<<岩手県体育協会評議会 | おいどんはイヌである | サムライジャパン韓国戦に勝!>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| おいどんはイヌである |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。