犬の目から見た人間社会の楽しさ悲しさ、                                                                 色んな人間模様などを日記調に綴ってみたい。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
オルドレンパラダイス構想!
2009-03-04 Wed 17:27

オッサン(飼主)も「何だりかんだり」やっているが、結果は見え見えだったろうにな! でも、何にしてもやってみなきゃ分からないものな~。一応褒めとこか・・・

オッサン曰く
先日、県にオルドレンパラダイス構想(逆転の発想)を持ちかけたことに対し回答が返って来た。

1.高齢者の理想郷などについて
特別養護老人ホーム等介護保険施設の整備に際しては、各市町村が策定する介護保険事
業計画に、入所人数の見込みを盛込んだ上で整備する必要があります。
なぜなら、介護保険施設の運営に要する費用のうち、市町村負担金と介護保険料は入所
者が居住していた市町村の負担となるため、予め介護保険料の値上げ分を財政計画に見込
む必要があるからです。
高齢者の施設の整備による経済効果も期待されますが、施設が集中したり、大規模にな
ると財政的負担も大きくなりますので、現行の制度の中では、実現が難しいものと考えます。

2.県では、平成18年度から団塊の世代を中心とした岩手への定住と交流の促進について、
取り組んでいます。「買うなら岩手の物」「雇うなら岩手の人」「住むなら岩手の地」の
定評を確立させるなど、「岩手ファンの拡大」と「活躍できる場づくり」で、10年間で1
万人の定住を目標に、地域の活性化のため、年齢を問わず高齢者を含め、県外からの誘致
に取り組んでいます。


私としては具体的な事務的手続きや、各市町村の絡みについてよりも、提案した構想に対して叩き台にして欲しかった(言葉足らずだった)のだが、やはりお役所という所は固い・・・
何の事業もそうだが、先ずは方向性を検討し、「良し」という事になったら、その具体的な手続きをどうしたら良いか検討すれば良いのであって、順番が逆だ。これでは叩き台にもならない様だ。
確かに、この構想にも色んな障害がある事は分かっているのだが、事業という物はそういうものだと思っているし、それを克服していかないと前に進まないのだが。・・・

フムフム、そうかもしんねぇな!

teigennari.jpg

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<サムライとは! | おいどんはイヌである | 白鳥>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| おいどんはイヌである |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。