犬の目から見た人間社会の楽しさ悲しさ、                                                                 色んな人間模様などを日記調に綴ってみたい。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
麻生批判
2009-02-13 Fri 16:36

オッサン(飼主)が嘆いている。日本のリーダーがそんな事でいいのかと。おいどんらの世界でも、たまにいるけど、こんな情けないのは見た事ないなー。

オッサン曰く
九州では春一番が吹いた。そんな中、政界では冬の嵐が吹きすさんでいる様だ。
麻生総理の「郵政民営化は本意ではなかった」「小泉さんは奇人変人だ」発言に端を発し、業を煮やしたか、小泉元総理が例の如くマスコミを使って麻生批判である。
「自民党をぶっつぶす」と息巻いていたが、本当にぶっつぶれそうだ。国政を担っている与党がこんな事でいいのだろうか。まるで子供の喧嘩だ。言いたい事があるんだったら、陰でやりぁいいものを、何も公共の電波を使わなくとも・・・。

そんな事してる場合じゃないと思うのだが、世の中では生活に不安を抱えながらじっと耐えている人達が大勢いる。政治に期待を寄せているのだ。
何とも情けない。・・・

ライオンハートのとっつぁんも、今更でしゃばらんでもいいものを、実際、郵政民営化は間違いよ。
何でもかんでも民営化すりゃいいってもんじゃない。守るべきものは守らなくちゃならない。何でもかんでもごちゃごちゃにぶっこわしてった人物だ。横から口出しすんじゃねぇー!!


utiwagenka.jpg

スポンサーサイト

別窓 | 憂い | コメント:0 | トラックバック:0
<<与党分裂の危機! | おいどんはイヌである | エコ活動の限界!>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| おいどんはイヌである |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。