犬の目から見た人間社会の楽しさ悲しさ、                                                                 色んな人間模様などを日記調に綴ってみたい。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
存続願う!
2009-02-05 Thu 15:47

おいどんらは、どっか遠くに行きたくなったら走っていけば済む事だ。ただ、おいどんももう年だ。走んのも辛くなってきたのだが、人間の社会は便利な乗り物がいっぱいある。鉄道もその一つ・・・

オッサン曰く
新型新幹線のデザインが公開された。流線型のフォルムは如何にも空気抵抗をおさえたボディーで、如何にもスピードが出そうである。そのスピードも2011年導入時は時速300kmで走行、翌2012年には時速320kmにスピードアップするそうだ。
そうなると、一関/東京間は今まで1番速い新幹線「はやて」が2時間17分だったのに対し、割合から計算すると1時間40分足らずで行ける事になる。もっとも一関駅で停まればの話だが、もしそうなると岩手県も東京都の通勤圏内と言っても過言ではない。
ただ問題は何と言っても料金であるが。・・・
一方、鉄道業界では明るい話題ばかりではない。廃線に追い込まれようとしている第3セクターの路線も多い。
秋田内陸線もその一つである。地元の高校生やお年寄りにとっては、なくてはならない鉄道なのだが、利用客の減少に伴ない採算が合わず、止む無く廃線に追い込まれている状況の様だ。
そんな中、この路線の存続を願い、必死になって存続を呼びかけている人達も沢山いる。
以前、“世に問う”でもご紹介したミュージシャンの2tomさんこと川崎さんもその1人である。
川崎さんオリジナル曲「逢いたくて」を、ご自身のガットギターによる演奏活動を通して、秋田内陸線の存続を呼びかけている。
また、イラストレーターのなこうしさん(ドキッとする様な秋田美人さん)の「ないりっくん」のイラストをモチーフに、編集したフラッシュ画像を、ご自身のサイトで公開し存続を呼びかけている。
また、存続させる為のアイデアを募集する掲示板も立ち上げている。

是非とも、皆さんの知恵を拝借し、秋田内陸線の存続に向けて盛り上げて頂きたい。
以前にも申し上げた通り、一度廃止してしまうと再開は不可能に近い。
決して、対岸の火事と捉えず、皆さんの力で、存続を可能にし、成し遂げた充実感を皆さんで味わおうではありませんか!・・・

秋田内陸線HP

ikada1.jpg

スポンサーサイト

別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
<<煎餅のお話 | おいどんはイヌである | 本当の優しさ(慈愛)とは!>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| おいどんはイヌである |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。