犬の目から見た人間社会の楽しさ悲しさ、                                                                 色んな人間模様などを日記調に綴ってみたい。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
姪・甥来る!
2009-01-25 Sun 15:22

美穂ちゃんと龍君が、東京から遊びにやってきた。久し振ぶりだな~ おいどんの所に来るなり、満面の笑みで「ロッキーちゃん久しべり」と撫でてくれた。とっても嬉しかった・・・

オッサン曰く
寒い時期にも係わらず、東京から遠路遥々、姪と甥がやって来た。今まで寒い季節はあまり来た記憶がなかったのだが、爺さん婆さんに会いたかった様だ。それにしてもちょっと見ないうちに随分成長したものだ。
姪っこの美穂は大学卒業後文筆家を目指して現在勉強中、甥っこの龍は現在中国の上海外国語大学に在学しながら、中学時代からやっていた剛柔流空手の師範代として、学業の傍ら中国支部長の肩書きで門下生に空手を教えている。今回の帰国は成人式に出席する為だった。
中国の近況を根掘り葉掘り聞いてみると、以外に誤解している節も多かった。上海と言えば人口2千万以上の世界一の都市であり未だに空気が汚いらしい。
対日感情も悪いのではないかと気がかりになるのだが、甥に聞いて見ると以外にそうでもない様だ。流石に南京あたりは悪いらしいが、それ以外は思っていたよりは悪くないとの事。
それにしても、世界地図を広げてみると中国という国はあまりにも広い。西はタクラマカン砂漠のあるシンチアンウィグル自治区、北は大シンアンリン山脈のあるロシア国境、南はベトナムとの国境に位置する海南(ハイナン)省と、とんでもなく広い。
日本だって岩手県から大阪に行くと言ってもかなりの距離、とんでもなく遠いイメージだが、その何十倍もある訳だから世界は広いなと改めて実感させられる。
中国で良い所はないのか、と尋ねると、観光の目的にもよるが一般的に人気のあるスポットは、前での海南(ハイナン)島らしい。アジアのハワイと言われてるそうだ。何時か行ってみたいものだ。
日本も住み辛くなってきているので、バックパッカーにでもなって海南島で命の洗濯なんてのもいいかもしれない。因みに、成田から上海まで、往復でも3万円前後で行けるらしい。・・・

もう帰っちゃうのか、寂しいな! また、必ず来てちょうだいよ・・・

itokodousi.jpg


スポンサーサイト

別窓 | 徒然 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ダム理論の検証! | おいどんはイヌである | 経済講演会>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| おいどんはイヌである |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。