犬の目から見た人間社会の楽しさ悲しさ、                                                                 色んな人間模様などを日記調に綴ってみたい。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
経済講演会
2009-01-23 Fri 20:59

今日は珍しく記事を2つ掲載したな、どうしたんだと尋ねなくともおおよその見当は付く。中国に留学している甥と東京から姪が来てたからだろうな・・・

オッサン曰く
本日、一関市のベリーノホテルの大ホールにて一関商工会議所、平泉商工会議所らの主催で、経済ジャーナリストの須田慎一郎氏を招いて「どうなる日本!2009年の政治と経済」と題した経済講演会が行われた。時折瞼が重くなったものの、何とか最後まで聞き終えることができた。
未曾有于の経済不況の中、今後の世界や日本の経済がどうなって行くのか、非常に興味があったのでこの手の講演会や勉強会には積極的に参加する事にしている。今回の講師は経済ジャーナリストの立場として、最先端の情報を常に追っている須田さんだったので特に興味があった。
実際のニュ-スや、報道番組では公表しない、公開出来ない様な情報もあり、懐疑的な目を持ってニュースや報道番組を見なければ、真の状況を掴めないとの認識を新たにさせられた。
そう言う意味では非常に有意義な講演だったと思う。
具体的な内容に付いては控えさせて頂くが、2008年6月8日に起こった秋葉原無差別殺傷事件の背景には、超大手企業と報道機関との目に見えない確執や葛藤があった事など、ダム理論の検証では日本銀行の2006年の金利政策は失敗だった事の裏話など、実に参考となる話だった。
第2話では政府の景気対策の話や、今後の景気予測、特に潮目の読み方などの実践的な内容で講演を締めくくった。
何れにせよ、資本主義の世の中、この金融危機を乗り越えて行くには、個人個人の「潮目の読み方」を懐疑的な立場で見る必要性がある事を、この講演会で再認識させられた様な気がする。・・・

昨日スノーボーダー木村さんの動画をご紹介しようと思ったところ、アドレスが分からず公開出来ませんでしたが、ユーチューブのアドレスが判明しました。
こちらからどうぞ>>

sudasinitiro.jpg

スポンサーサイト

別窓 | 政治・経済 | コメント:0 | トラックバック:0
<<姪・甥来る! | おいどんはイヌである | あったかい店(こざか豆腐店)>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| おいどんはイヌである |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。