犬の目から見た人間社会の楽しさ悲しさ、                                                                 色んな人間模様などを日記調に綴ってみたい。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
食べ物談義!
2009-01-09 Fri 16:38

餅旨いなーとしきりに、おいどんに言うのだが、おいどんはあまり好みじゃない。おいどんの好みは何と言っても魚料理だな・・・でも、猫じゃないぞ おいどんは!!

オッサン曰く
昔の人は「餅は心地よき物、酒はうれしき物、茶は寂しき物」といったそうだ。「心地よき物」である餅は元来、晴れの日の食べ物だったそうだ。餅には稲の霊が宿ると考えられ、正月や農耕開始の時、あるいは目出度い日に食べる慣わしになったと言われている。
私の住む一関は餅料理のレパートリーが広い、と言われている。昨日もトレーニングの最中に、この餅料理の話で盛り上がったのだが、各家庭の味付けもレシピも違う様だ。
因みに我が家では、正月の定番料理は勿論この餅が主役だが、「あんころ餅、納豆餅、くるみ餅、づんだ餅、お雑煮」と決まりきったメニューである。若い頃はあまり箸が進まなかったのだが、最近では楽しみの1つでもある。
人間は飢えてる時ほど強い甘味を旨いと思うが、栄養的に満ち足りてくると淡い甘味の方が旨いと思う様になる。と何かの本に書いてあったが、私は甘味の少ない方つまり淡い方が、餅料理に関しては好き(御菓子は甘い方が好み)なので、飢えてないという事なんだろう。
違う意味で飢えているのだが。
淡い方が好きなのは、何も餅に限ったものではないが!
何れにしても、食べ物談義をしている時が一番幸せなのかもしれない。・・・

正月料理ももう終わりか、残念残念

huyugumo.jpg



スポンサーサイト

別窓 | グルメ | コメント:0 | トラックバック:0
<<サンクコストの呪縛 | おいどんはイヌである | 悲惨な年明け>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| おいどんはイヌである |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。