犬の目から見た人間社会の楽しさ悲しさ、                                                                 色んな人間模様などを日記調に綴ってみたい。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
苦難を乗り越え!
2008-12-25 Thu 10:51

内藤選手が勝って、オッサン(飼主)もご満悦の様だった。こんな風にずーっと機嫌が良けりゃいいんだけどな~!

オッサン曰く
ちょっと遅くなったが、内藤大助選手、4度目の防衛おめでとう!!
日本選手同士のWBC世界フライ級タイトルマッチ戦、山口真吾選手とも、引退をかけてのタイトルマッチだった。
試合の内容は兎も角、内藤選手の生い立ちや、生き様を思うと心から応援したくなる。
イジメの生き地獄から這い上がり世界チャンピョンになって4度も防衛している。凄い事である。
まさしく、地獄から這い上がった「真の男の生き様」ではないだろうか。見事としか言いようが無い。
イジメは小学生や中学生だけじゃない、大人の社会でも頻繁にある。企業の非正規労働者に対しての無碍な扱いや、部下に対しての上司の陰険・陰湿な対応もイジメだろうし、何と言っても一番気に入らないのは、本人には聞こえない様に見せかけて聞こえる様にヒソヒソ話をやる「バカたれ」がいるが、こんなのは最低の人間であって「全くの屑」である。こんな人間にだけはなりたくないものだ。
何れにせよ、そんなイジメを克服し、世界チャンピョンにまで這い上がった内藤選手に心から祝福し、エールを送りたい。
苦しめば苦しむ程、好転した時の喜びは、また一入だろう。「人生万事塞翁馬」嫌な事があれば良い事が必ず訪れる。人の一生はプラスマイナス=ゼロだと私は思っている。
お金に困らない人は、違った意味で苦しみもあるだろうし、お金に縁が無い人でも、無いが故に救われる事だってある筈である。人生は考え方一つではないだろうか。
「慰め」にもならないのかも知れないが、私にはそんな風に思えて仕方がない。・・・

いんどんのイヌ社会にも多少のイジメはあるかも知れないが、人間社会ほど悪くはないぞ!!

naitoudaisuke.jpg

スポンサーサイト

別窓 | 感動 | コメント:0 | トラックバック:0
<<寒い | おいどんはイヌである | タイトルなし>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| おいどんはイヌである |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。