犬の目から見た人間社会の楽しさ悲しさ、                                                                 色んな人間模様などを日記調に綴ってみたい。

スポンサーサイト
-------- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
最高の景気対策っていったい!
2009-05-12 Tue 19:29

おいどんも、もう10歳。立派な老犬の部類に入る。そろそろ老後の事を考えねば、と思うのだが、おいどんらの犬社会は、可も無く不可も無く、悠々自適なのだが、オッサン(飼主)らの人間の世界は何やら大変な様である・・・

オッサン曰く

老いてきた両親が「なんだか最近の日本は住み辛くなってきたよな~」とよく呟く様になった。私も同感である。
いや、私や両親だけじゃないだろう。老後の事や未来を考えるにあたり「不安」の2文字が脳裏をよぎる様になった。年金問題や雇用の問題、経営の問題などなど、どれをとっても不安の2文字が先行するのである。
何故そうなったのだろうか。雇用に関して言うならば、嘗て終身雇用や年功序列といった定年迄の生活の保障がされていた時代は、今ほど不安を抱えていただろうか。
また、年金に至っては60歳で定年を迎えたとしても、年金の受給によって定年後の生活が保障されていた。少なくとも今よりは生活に対しての不安がなく気持ちにゆとりがあった筈だ。不安が少なければ少ない程、当然消費も増え景気だってよくなる筈である。
しかしながら、今の日本はどうだろうか。莫大な個人の預貯金(一部の富裕層だけという説もあるが)がありながら一向に景気は回復しそうにない。
何故ならば、消費するよりも蓄える事を優先するからに他ならない。では何故蓄える事を優先するかと言えば、将来への不安があるからであり、子供達の将来を考え、蓄えに回すからである。
その根本原因である将来の不安を先ず解消しなければ、いくら給料を貰おうとも、いくら事業に成功しようとも消費には回らないのである。その原因となったものは色々あるだろう。行き過ぎた市場原理主義や、個人による過剰な自力救済思考など色々あるだろうが、個々的に見て、悪い事ではないけれども行く過ぎが問題なのではないだろうか。
それでは将来の不安を取り除くにはいったいどうすれば良いの だろうか。結論から言うと、それは社会保障の充実にある。
老後の生活を保障されていると言う事になれば、何もそんなに預金する必要もなくなるだろうし、子供の将来だってそれほど不安でもなくなる筈である。
気持ちにゆとりさえできれば、今まで蓄えていた貯蓄を消費に回すだろうし、仕事だって、ギスギスして相手を蹴落としてまでもやる必要もなくなってくるだろう。ただ、競争の原理を否定するつもりはもうとう無い。競争の原理によって進歩も生まれる。余裕を持って仕事が出来ると言う意味である。
社会保障について世界との比較を見てみると、社会保障給付費の対GDP比で見ると、日本は17.7%である。対象29ヶ国中、23番目と社会保障のレベルが低水準にある。
この社会保障レベルが高いのはヨーロッパ諸国である。「ゆりかごから墓場まで」とまでは言わないまでも、老後の不安を解消できるぐらいの社会保障のレベルを上げるべきではないだろうか。
その財源となるのはやはり消費税である。消費税引き上げは一見消費の低迷を生むのでは、との見方もされるかも知れないが、「将来や、老後を担保する」という意味であれば吝かではないと思うのだが。
日本は今その転換期にきているのではないだろうか。米国型の自力救済思考的発想からヨーロッパ型の相互扶助的発想を取り入れる転換期に来ているのではないだろうか。その足かせとなっている日米安全保障条約の問題もあるだろうが、日本は日本である。
そろそろ日本独自の路線を見出してもよいのではないだろうか。・・・

我が身を賭してまでも基本法の成立に尽力した元民主党議員山元たかし(故)さん

ansin.jpg

スポンサーサイト

別窓 | 言いたい事 | コメント:0 | トラックバック:0
税金の行方!
2009-04-09 Thu 21:54

しかし、世の中はある人にばっかしお金が集まって、ない人にはぜんぜんお金が貯まらねーなとオッサン(飼主)がこぼしていたが・・・

オッサン曰く

オバマ大統領も不満を露にした米大手保険会社AIGの高額ボーナス支給の問題で、日本円にすると約160億円もの賞与が支払われた。その資金の大半は巨額の税金である。最終的にはその殆んどに税金が課せられたようだが、その考え方が理解できない。
一方、日本ではどうなのだろうか。最近の報道では国内3大メガバンクの役員報酬が、ここ数年軒並み上昇しているとの事だ。
三菱UFJフィナンシャル・グループ役員の平均報酬は2008年3月期で約5.600万円だそうである。1999年以降の公的資金返済は終わったとは言え、問題は法人税を納めていないにもかかわらずである。(過去の不良債権処理に伴なう赤字計上で累積欠損を抱いている。税務上、欠損金は7年に渡って利益を相殺できる為)
労働白書によると「役員報酬はここ数年、増加している。一方サラリーマンの賃金は2002年から2007年の、いわゆる戦後最大の景気拡大の中でも下がっているのが現状、金融機関について言えば、ゼロ金利のお陰で預金者は踏んだり蹴ったりだ。金融機関の役員報酬が増えるということは、一般の従業員や世間から見て、はたしてどうなのだろうか。
また、役員報酬が上昇するのと並行に、大手銀行の中で中小企業向け貸し出しの減少が、リーマンショック以来顕著に現れている。いわゆる貸し渋りである。実に減少額は2兆3000億円にものぼると言われている。
政府は景気対策にやっきになっている中、銀行による貸し渋りが増えれば増えるほど、中小企業の資金繰りが悪化する。その結果、破綻や倒産が相次ぐ事になる。
企業が倒産すればその従業員が職を失う事になる。職を失えば当然ながら消費の低迷を招く事にもなる。
先ごろ、2兆年もの定額給付金が支給された。前での貸し渋りによる減少額とほぼ同額である。一人一人に12.000円の給付金をばら撒くよりも、その税金を企業に貸し出した方が、実質的な意味で、より経済対策・景気対策になったのではないだろうか。
昨日の帝国データバンクの発表によると、約13.200社もの中小企業が倒産したとの事である。実に13兆円もの不良債権を出した事になる。政府は第2・第3の追加経済対策を盛り込んでいるのだが、目先や小手先だけの対策ではなく、根本的な政策に、我々の貴重な血税を使ってもらいたいと希うものである。・・・

その点、おいどんらの社会の方がいいかもしれないな、なんせ、お金なんて必要じゃないからな。そろそろ人間社会も考えた方がいいかもな、いっその事、貨幣制度を無くしてしまえばいいんだよ。おいどんらの世界の様に、。もともと貨幣制度がなかった時代もあったんだからな。それでもちゃんと生きてた筈、フムフム退化だって・・いやいや違うよ「これも進化の過程だよ」ゴルフだってそうだろ、初心者の頃はドライバーでガンガン打ちまくってるけど、ある程度上手くなってくるとドライバーを振り回さなくなってスプーンを持ったりするよね、もっと上のレベルになると、またドライバーを振る様になるだろ!それとおんなじだよ、歴史は繰り返されるものなんだよ・・・(めちゃくちゃな比喩だな)

risou.jpg

別窓 | 言いたい事 | コメント:0 | トラックバック:0
プロとアマの違い!
2009-03-21 Sat 15:45

おいどんらの世界じゃプロもアマもない。ソフトバンクのCMに出てるオヤジもプロの様でプロじゃない。何故なら、お金貰ってないからだ。もっとも飼主はいっぱい貰ってるのかな・・・

オッサン曰く

ワールド・ベースボール・クラッシック(WBC)が大詰めを迎えている。我が日本もアジア予選を勝ち抜いて、アメリカのカリフォルニアに戦いの場を移し、宿敵韓国を下して、準決勝に駒を進める事となった。
ベスト4に勝ち進んだチームは、日本を始めベネズエラ、ご当地アメリカ合衆国、そして宿敵韓国の4強が世界一の座を勝ち取る為に熾烈な戦いに挑む。
前回行われた第1回目の覇者は我が国日本。果たして今年はどうなる事か、大いに期待したいところだ。
当初優勝候補と目されていた164kmの剛速球投手アルベルティン・チャップマン率いるキューバが、予選で敗退してしまったのだが、日本を始め殆どのチームはプロ選手を揃えているのに対して、キューバだけは全員アマチュア(ノンプロ)である。
アマチュア軍団にしては、もの凄く強いチームだが、プロとアマでは背負っているものも違う。プロが勝って当然と思えるのだが、そんな中でアマチュアのチームが勝つとなると値千金である。
今回のWBC以外の世界的規模の大会に、オリンピックがある。嘗てはアマチュアの為の大会として、プロ選手の参加を認めなかった訳だが、最近のオリンピックを見ると、これもまたプロ選手がメインになってきている。
勝負は時の運と言いながらも、勝って当然と言えば当然である。そんな中、アマチュアが活躍する場が減ってきている事に疑問を感じざるを得ない。
スポーツの楽しみ方を大きく分けると2通りある。その1つ目は、楽しみを優先した遊び感覚のスポーツ感と、2つ目は競技性を追及するスポーツ感がある。プロは後者の延長にあるのだが、技量や体力はプロ選手が圧倒的に上である。
勿論、競技性を求めているアマチュア選手にもプロを凌ぐ程の選手は沢山いる筈、キューバの選手はその良い例だが、そのアマチュアの活躍する場が減ってきているのが問題である。
「それじゃプロになればいいじゃないか」と言われそうだが、現実はそう簡単ではない。前での、遊び感覚でスポーツを楽しんでいる方達は、それなりの価値観を持って楽しめば良しとして、競技志向の選手が活躍する場、特に世界的規模の大会があってもいいんじゃないだろうか。
本来ならオリンピックはそんな場ではなかったのではないだろうか。再び、アマチュアの為のアマチュアの祭典であるオリンピックを、是非復活してもらいたいものである。・・・

おいどんも、稼いでオッサン(飼主)を楽させたいな~~

gorin.jpg

別窓 | 言いたい事 | コメント:0 | トラックバック:0
老人天国
2009-02-16 Mon 17:00

最近の世の中、老人を大事にしない人達が増えてきたように思う。おいどんらの世界じゃ老犬をちゃんと敬っているんだけどな・・・

オッサン曰く
当センターメンバーの1人に居酒屋“煮売酒屋おのでら”の店主がいる。
その彼と岩手県の未来に付いて色々議論を交わしていたのだが、その中の一つに、岩手県は食べ物も旨いし、自然も豊かで気候だって良いし住み易い土地柄だ。いっその事ご老人を受け入れる施設をもっと増やして老人天国ならぬオードレンパラダイス(オードレンとはオランダ語で老人と言う意味)を作ったらいんじゃないか、と言う意見が出てきた。限界集落を逆手に取った発想だが、満更捨てたもんじゃないなと私は思った。
永田町では、誰かさんの発案で国会議員に定年制を設け、生きる上で必要な知恵を持ち合わせている長老達を排除しようとする動きすらある。もっとも議員の定数を減らす事には賛成だが、誰を選ぶかは有権者の判断であって、やみくもに定年制を設けるのは如何なものかと思っている。
何故なら、人生経験の豊富な先輩方の意見をもっと取り入れるべき場面が往々にしてあるのではないだろうか。古臭い考えなどは時代錯誤、などと言う人達もいるのだが、結果的にはその間違いに気付く羽目になったりもする。歴史は繰り返されるもの。科学の進歩や技術革新は永遠に続き止まる事はない。
また、その時代時代の価値観は変わるだろう。しかしながら、その背景にある、人としての営み、人としての在り方や心情は不変であって決して変わる事はない。その真髄とも言うべき人としての在り方は、長年の歳月を経た経験者でないとなかなか語れるものではない。その経験者を蔑ろにする様な考えでは、実に困ったものである。
そんな事からも今般の未曾有の経済危機に直面し、行過ぎた市場原理の真髄を垣間見た思いがする。・・・
ちょっと横道にそれてしまったが、老人ホーム、老人福祉施設や老人保健施設を作って、全国に呼びかければ集まってくるのではないだろうか。集まる事によって経済効果も高まる筈である。
日本全国から生きる知恵を持った多くのご老人が集まれば、またそこから色んな良い知恵も生まれるだろうし、また施設の建設に当たっては、低迷している建設業界に明かりを灯し、また、雇用の拡大にも繋がってくる。こんなに良い事はないと思うのだが。
限界集落だ、姥捨て山だなどと言っている連中も、遅かれ早かれ歳をとるのである。老人を手厚く扱い、老人の住み良い社会にする事こそ、将来の不安を取り除き、住み良い社会となるのではないだろうか。・・・
そんな思いの下、岩手県知事に提案してみる事にした。 内容は>>

sunaoni.jpg


別窓 | 言いたい事 | コメント:0 | トラックバック:0
サービス業の難しさ!
2009-01-05 Mon 16:35

オッサン(飼主)が、何か言いたい事があるらしい。ま、とりあえず話してみたら・・・

オッサン曰く
新年を迎え、このコーナーで何を題材にしようか迷ったのだが、このコーナーは「世に問う 言わずにはいられない」の題名なので、ご年始代わりには相応しく無いかも知れないが、年末に非常に腹が立った事があったのでそれを題材にする事にした。  
日本においてサービスという言葉を最初に使ったのは、日本自動車会社の社長石沢愛三である。大正末期に米国を視察した際、米国の自動車販売に「サービス・ステーション」が大きな成果を上げていることを知り日本でもサービス・ステーションを広めようとする。帰国後、取引先関係各社にはがきをだす。文面は「今般、当社は完全なるサービス・ステーションに依り顧客本位の御便宜を計ることに相成り候」。これに対し、「サービス・ステーションという便利なものが到着した由、至急届けてもらいたい」との回答が多数返ってくる。これに困った石沢はサービス・ステーションの和訳を試みるが、辞書には、サービスとは奉仕的なるものとの記述のみであり、外国人にきいても要領を得なかったので、使うのをやめたという。 詳しくはWikipedia>> 
商売をする上で基本になるのがこの精神と言える。「値段を下げる・ポイントを付けて後で商品と交換する・購入して頂いた変わりに何か景品を付ける」と言った事が一般的に言うサービスだろう。行政サービスの様に、市民に情報を提供したり、色んな意味で指導する事もサービスの一環だろう。何も民間の商売だけに限ったものではない。
最近(年末)こんな事があった。近所のガソリンスタンドでの出来事だった。事務所開設以来10数年来このガソリンスタンドに足繁く通って利用させて貰っていたのだが、最近のスタンドは、自分で入れるセルフ方式が一般的になってきている。確かにこう方式の方が人件費を抑える事が出来るので料金にも反映される。自分で入れる煩わしさはあるのだが、安い事は非常に有難い。助かっているのも事実であるのだが、人と人との繋がりが希薄になり、機械的な冷たさも感じられる。これはこれで時代の流れ、と捉えれば別に問題は無い。
このスタンドでは1ヶ月以内に5.000円以上ガソリンを給油すると、500円分の洗車がサービスとして利用できる。8.000円以上給油するとワックス洗車が利用でき、利用者としては非常に有難いサービスである。私も、ほとんど毎月の様にこのサービスを利用させて頂いている。そんな中、先月末の出来事だった。
正月前に車を綺麗にしようと、月末の27日に貯まったポイントで洗車しようと店員に話したところ、今月はもう終わったというのである。年末年始は非常に込み合う為、年末は早めに終了しているとの事だった。「ちゃんと張り紙もしていますよ」との事だったが、そんな所まで注意深く見た覚が無い。ましてや、年末といえば12月、寒風の吹き荒れる中、自分でガソリンを入れていると周りを見る余裕すらない。早く終わらせたい一心で、そんな張り紙など見る余裕など到底無いのである。
「そうだったのか、2日程過ぎたけれども何とか頼むよ」と言ってみたのだがガンとして聞き入れ様としなかったのである。会社の方針に忠実であるのは大変結構な事だが、10数年間、毎月の様に利用しているのに「何だ」と、思わず頭に血が上って思わず口を荒立ててしまったのだが、若い店員の口調も口調である。「大変申し訳ありませんが、年末は非常に込み合いますので若干早めに終了させて頂いております。大変申し訳ありませんでした」とでも、丁寧に言われるんだったら未だしも、張り紙を見ない方が悪い、といった傲慢な態度では、些か問題があるのではないだろうか。私は今後一切このスタンドを利用しない事に決めた。
別に洗車料金など所詮大した額ではない。嫌そうな顔をして渋々と引き受けて貰うよりも、丁重に断られた方が遥かに後味が良いのであって、納得もする。真のサービスとは、ただ安ければ良いと言うものでもないし、景品を付ければ良いと言うものでもない。
真のサービスというものは、誠心誠意相手に対し接する事、決して上手に話す必要など問題ではない、如何に相手を気持ちよく納得させるかではないだろうか。・・・

ま、確かにおいどんもそう思うな~

別窓 | 言いたい事 | コメント:0 | トラックバック:0
| おいどんはイヌである |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。